年齢とスキンケア

化粧水を塗布する時に「手で塗布する」派と「コットン使用」派に意見が割れるようですが、結論としてはそれぞれのメーカーやブランドが最も効果的と推奨する間違いのないやり方で塗布することを第一にお勧めします。

加齢が原因となるヒアルロン酸量の減少は、潤いのある肌の瑞々しさを甚だしく損なうのみではなく、肌全体のハリも奪ってカサカサの乾燥肌やシミ、しわが生成する要因となってしまう可能性があります。

年齢を重ねたりきつい紫外線に長時間曝露されたりすると、全身のあらゆる組織に存在するコラーゲンは水分が減って硬くなってしまったり体内含有量が減少します。これらの現象が、肌の硬いシワやたるみが生まれる主因になるのです。

肌の一番外側にある表皮には、頑丈なタンパク質を主成分とする薄い角質層が存在しています。この角質層部分の細胞と細胞の間にできる隙間に存在するのが話題の「セラミド」と呼ばれる細胞間脂質の一つです。

コラーゲンという化合物は伸縮性の高い繊維状組織であって細胞同士を確実に接着することをする機能を果たし、高い保水力を持つヒアルロン酸は網目状のネットワークの隙間に存在することにより、水が逃げてしまうことを食い止める働きをします。

美容液というものは基礎化粧品の中のひとつであり、洗顔料で顔を洗った後に、化粧水で必要な水分を吸収させた後の皮膚に使用するというのが通常の使い方でしょう。乳液タイプになっているものやジェル状になっているものなど多彩な種類があります。

現時点に至るまでの研究によれば、胎盤から抽出されたエキスであるプラセンタには単純な栄養素である栄養成分の他にも、細胞分裂の作用を最適な状態に調整する成分が組み込まれていることが認識されています。

お肌の真皮と呼ばれる層の7割がコラーゲンによって占められ、細胞集団と細胞集団の隙間を満たす形で繊維状あるいは膜状に存在しているのです。肌のハリを維持し、シワやたるみのない若々しい肌を守る真皮の層を形成する主要成分です。