炭酸パックをやり初める

スキンケアは念入りにおこなう方なのですが、その最中にふと思いついたことがあります。それはこういうものでした。

柔らかい質の肌にはしわがあまりできないのではないか、といったことです。

目の周りの細かいしわだとか、年々濃くなっていく気がするほうれい線はどうしようもないと思いつつ、悩みの種だったのですが、周りでちょっと評判のいい、炭酸パックをやり初めて、なんだか肌の柔軟性が上がったように感じてきた頃にはしわが薄くなってきたようで、気にならなくなってきました。

炭酸パックとしわの消失、関係あるのでしょうか。

ここ数年のことですが、特に顔のしわがとても気になり出して、対策に追われています。

中でも特に問題視しているのは笑いじわで、目尻にできるアレです。目の周りにある皮膚は薄くてしわもできやすいですから、スキンケアもしっかり施している所以ですが、この場所は乾燥しやすいこともあって、その対策も必要になりますから、クリームを塗り重ねることで、保湿にだけは手をかけるようがんばっています。少し前にガングロが流行りましたが、今またブームになりそうな兆しが見られます。

ファッションの流行の一つとして根付きつつあるとも思えますが、気になってしまうのはお肌のダメージ。

つまり、シミのことになります。大丈夫といった人もいるかもしれませんが、ガングロを卒業するとより多くのシミが通常の場合より目につきやすくなるといえるのです。肌が赤くなりますと、気がついたらシミになっていたなんて事があるものです。例として、外出時の日焼けがあります。赤く痛むときはもちろんの事、痛みがなくて、大丈夫そうでも本当は軽い炎症が発生しているといえます。健康肌の秘訣とは、紫外線が鍵なのかもしれません。若い頃には考えもしなかったようなシミが、30代半ば頃から顔や手の甲に見え初め、見るたびに増えているような気がします。私の場合は原因がはっきりしていて、無防備な日焼けのせいです。

子どもが生まれ、少し大きくなってほとんど毎日、近くの公園まで出かけ、午前中たっぷりとあそばせました。子どもの身支度もするので、よっぽど早起きでもしない限り、自分の日焼け対策にまで手が回りません。でも、いくら時間が無くても、日焼け止めくらいは塗らなくてはいけませんよね。後悔先にたたずですから。

顏のシワには困ったものです。

できれば、消してしまいたい、と思ってしまいます。そのシワのできる原因は、つまりは老化であり、紫外線の影響も大きいようです。できてしまったシワをどうこうするのは難しいですが、防ぐために紫外線をカットできる日焼け止めを利用したり、帽子や日傘などの紫外線カットアイテムで、夏だけでなく一年をとおして対策を施し、それでも日焼けをしてしまったのなら日を置かずに焼けた肌のケアをします。冷やして熱をとり、肌に化粧水をたっぷり吸わせて美容(近頃では、女性だけでなく、男性でも意識している方が増えてきています)液で保湿、シミ、シワ、乾燥を防ぐようにします。こういったことの積み重ねが、つまるところアンチエイジングに繋がることにもなります。

紫外線を同じだけ浴びたとしても、それにより肌に出来るシミはその人の肌の性質によってちがいます。それはつまり、紫外線がシミになりやすい肌が存在しています。具体的な話では、色が白くて、きめの細かく整った、いわゆる美肌です。見分けるコツとしては、夏場など、日焼けした時に黒く焼けるのではなく、赤く残ってしまう人がそのタイプに該当します。

美肌といったものは、とても繊細なものだといえます。シミがお肌にできるのは、年齢もありますし、紫外線もシミを創る原因の一つですけれど、体の中で起きている疾患(原因がはっきりしないことも多く、治療法がみつかっていないものも少なくありません)が原因として考えられることもあるでしょう。万が一、突然目に見えてシミが増えたようだったら、何かの病気にかかるのかもしれませんし、また、病気が進んでいる状態かもしれませんから、可能な限り早くクリニックで診て貰うことをお薦めします。

喫煙ほど肌にダメージを与える習慣はありません。肌の下では毛細血管による代謝が休みなく行なわれていますがニコチンをふくむいろいろな有毒な物質が体の血流を阻害するため、肌に老廃物が残る結果になり、栄養や水分がますます運ばれなくなります。

表皮の保護機能が低下し、真皮に紫外線や乾燥などの影響が及ぶため、肌の衰えが顕著になってしまうと、シワが出てきて、顔の印象の変化が本人にも自覚できるようになります。ダイエットの反動などで喫煙が習慣化した人もいるようですが、「キレイ」のために喫煙は辞めるようにして下さい。

ケアしていても乾燥するといった話をよく効きます。もしかするとお手入れの「時間」に原因があるのかもしれませんよ。洗顔し立ての肌や入浴(日本人は比較的高い温度のお湯に浸かることを好むようですが、あまり高い温度のお湯に浸かると、心臓に負担をかけてしまいます)後の肌はもちもちとして、うるおっているように見えますよね。

でも、実は乾燥が急速に進んでいるのです。ひび割れした地面やパレットの上の絵の具を想像してみてちょーだい。あれだって元は潤っていたんです。

毎日繰り返してダメージを蓄積していると、しわや乾燥の影響が遅かれ早かれ出てくることでしょう。ただ、この時間帯さえ上手にコントロールすれば、毎度のスキンケア効果がうんと高まります。お風呂上りは顔を拭いたら(こすらない)直ちにミストタイプの化粧水を吹聴かけたりして、しっかりと水分を補充して下さい。

吸い込みが良いので、多めにつかうことがコツです。